/collophanite1032738.html,8154円,通話録音アダプタ5個セット,DRA-L62/WH-5P,umantra.com,パソコン・周辺機器 , その他,ミヨシ,6極2芯対応 /collophanite1032738.html,8154円,通話録音アダプタ5個セット,DRA-L62/WH-5P,umantra.com,パソコン・周辺機器 , その他,ミヨシ,6極2芯対応 ミヨシ 6極2芯対応 期間限定特別価格 通話録音アダプタ5個セット DRA-L62 WH-5P 8154円 ミヨシ 6極2芯対応 通話録音アダプタ5個セット DRA-L62/WH-5P パソコン・周辺機器 その他 8154円 ミヨシ 6極2芯対応 通話録音アダプタ5個セット DRA-L62/WH-5P パソコン・周辺機器 その他 ミヨシ 6極2芯対応 期間限定特別価格 通話録音アダプタ5個セット DRA-L62 WH-5P

ミヨシ 6極2芯対応 期間限定特別価格 通話録音アダプタ5個セット DRA-L62 半額 WH-5P

ミヨシ 6極2芯対応 通話録音アダプタ5個セット DRA-L62/WH-5P

8154円

ミヨシ 6極2芯対応 通話録音アダプタ5個セット DRA-L62/WH-5P








■商品内容

■6極2芯の電話機に対応した通話録音アダプタ
・いつも使用している電話機にICレコーダーを接続して、通話を録音できるアダプタです。
6極2芯での接続に対応し、壁などのモジュラージャックと、電話機の間に接続。
一般的な家庭用電話など、6極2芯接続を行う電話機に使用することができます。
※6極4芯のビジネスホンには使用できません。

■回線に直接接続するので場所を取ることなく、設置に便利な両面シールが付属
・モジュラージャックと電話機の間に接続するため、配線が複雑になりません。
付属の両面テープを使用すれば、床や壁、デスク等の最適な場所に設置が可能です。

■ICレコーダを接続して通話内容を簡単に録音/記録
・電話回線にICレコーダーを直接接続するため、相互の会話を録音することが可能です。
業務上の大事な会話を記録したり、トラブルの防止のための録音などに最適です。

■電話回線から直接録音するので、雑音や環境音を軽減
・電話機コードに直接接続するため、快適に録音を行うことができます。
口元や耳元での録音と異なり、通話以外の雑音や環境音を抑えることが可能です。

■電源や電池が不要なので設置が簡単
・アダプタ本体には電池や電源を必要としないため、接続するだけで使用が可能です。
特別な工事などを必要としないため、簡単に接続、使用することができます。

■安心の電気通信端末機器認定品
・主に有線接続での通信機器を、日本国内で使用する際に必要な認証です。
本製品は上記認定を取得しているため、安全にご使用が可能です。


■商品スペック

【コネクタ形状】
6極2芯(ジャック)- 6極2芯(プラグ)、Φ3.5mモノラルプラグ

【サイズ】
約W30×H22×D54mm(本体のみ、突起部を除く)

【重量】
約32g(本体のみ) 

【ケーブル長】
電話機コード:約50cm
オーディオプラグ:約100cm

【付属品】
取付用両面シール(約W24×37mm)

【対応機器】
6極2芯接続の電話機、モノラルでの録音に対応したICレコーダ

■ご使用上の注意
・録音機器は別途ご用意ください。
・単独電話用ですので、ビジネスホンやホームテレホンなど6極6芯・4芯タイプの電話機には使用できません。
・デジタル電話機(ISDN回線)では使用できません。
・本製品はすべての電話機での動作を保証するものではありません。



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【2 - 6営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS625】です。同梱区分が【TS625】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。

ミヨシ 6極2芯対応 通話録音アダプタ5個セット DRA-L62/WH-5P

TOP

この記事の目次

矯正の痛みをやわらげる装置がある

矯正治療の痛みをやわらげる装置とは?

矯正治療の痛みをやわらげる装置は、各種存在しています。矯正装置自体に工夫を凝らして治療による痛みを軽減したものもあれば、治療中に併用することでペインコントロール、つまり痛みの軽減に役立つ装置もあります。矯正治療中に「痛みが続いて辛い」「痛みのために矯正を続けるのが難しい」といった場合には、歯医者さんに相談してみましょう。以下に代表的な矯正の痛みをやわらげる装置をご紹介します。

形状記憶型ワイヤー

矯正装置自体に痛み軽減のための工夫を加えたもののひとつが、形状記憶型ワイヤーを用いた矯正装置です。常温では自由に曲げられる柔らかく、温めることにより元の状態に戻るワイヤーで、違和感や痛みを抑えながら、歯に適度な圧をかけることができます。

リップガード

矯正装置のワイヤーやブラケットが、唇の内側に当たって痛みがある場合には、リップガードと呼ばれる装置が有効です。着脱可能で繰り返し使える樹脂製のリップガードは、ワイヤーに挟み込んで取りつけます。矯正装置の凹凸をカバーしてくれるので、痛みや違和感が軽減されます。特に吹奏楽の演奏をする際などに使う人が多いようです。

ソフトプレート

歯や骨が動く時の痛みは、歯と歯を強く噛みしめることで軽減されることがあります。するめなどの硬い食べものを噛んでもよいのですが、ソフトプレートと呼ばれる弾力性のある樹脂製プレートもあります。すべての人に効果があるというわけではないようですが、約8割の人に効果があるようで、急な痛みに対するお守り的な意味合いで、ソフトプレートを持ち歩いているという矯正患者も多いようです。

歯列矯正用ワックス

歯列矯正の装置には極端に尖った部分はありません。それでも、凹凸が歯茎や粘膜などに当たって痛みがあるという場合には、透明の粘土状ワックスでその部分をカバーするという方法もあります。歯列矯正用ワックスと呼ばれるこの素材には、時間が経つと固まるシリコン製のものとそうでないものがあります。いずれも食べてしまっても人体に害がない素材で作られています。

プレイスガード

歯列矯正用ワックスと同様、矯正装置に被せて押し込むように使用するのがプレイスガードです。適量をちぎって患部に押しつけて使います。

レーザー治療

歯に矯正力をかけることで起きる歯根膜の炎症を抑えるには、レーザー治療が効果的です。組織浸透性の高いレーザーを患部に照射することで、炎症をおさえ、発痛物質を抑制。さらに血行を促進して痛みを軽減することができます。

高周波治療

整形外科で骨折時の治癒促進に使われることもある高周波治療も、矯正治療の痛み軽減に効果があるといわれています。高周波の作用により患部の血行をよくし、歯槽骨の代謝を高めることで、痛みを軽減しながら、歯の移動をスムーズにする働きも担います。

矯正治療の痛みとはどんなもの?

矯正治療にはどんな痛みがある?

矯正治療には痛みがつきものであるというのは通説ですが、どのような痛みが生じるのでしょうか。矯正は歯に外部から圧力をかけて、本来あるべき位置まで動かす治療です。歯と歯の周りの骨が動かされる際には、歯の根元にある歯根膜に炎症が起き、痛みが生じます。装置をつけた数時間後から痛みが発生し、1週間程度をピークに少しずつ痛みが落ち着いてくるケースが多いようです。

矯正治療中の痛みの原因は?

矯正治療中の痛みは、さまざまな原因によって起こります。歯と周囲の骨が動く時の痛みだけでなく、装置によって口の中が傷つけられることによるもの、不安定な噛み合わせにより頬の内側などを噛んでしまうことによるものなど、いろいろな原因による痛みがあるのです。歯茎や口の中の粘膜、頬の内側などが傷つけられて炎症を起こすことによる歯肉炎や口内炎の痛みもあります。

精神不安を原因とした痛みも

矯正治療は歯の根元の歯槽骨に炎症を起こしながら、歯と骨を移動させる治療です。この炎症による痛みや、装置によって口中が傷つけられることによる痛みは避けられないものですが、ここにストレスや精神不安が加わることで、痛みが増長されることもあるようです。多くの人にとって、矯正治療中の痛みはそれまでに経験したことのない未知の体験です。「この痛みは異常では?」「一体いつまでこの痛みが続くの?」といった不安を抱くことで、さらに痛みを大きく感じてしまうこともあります。

矯正中の痛みと上手につきあうには?

素材や技術の発達により、従来に比べて矯正治療による痛みはかなり軽くなりました。とはいえ、歯と周囲の骨を動かす矯正治療では、痛みが全く発生しないということは稀なもの。ある程度の痛みや違和感はあるものと覚悟して、上手にやりすごしながらつきあうのがおすすめです。自分でできる簡単な痛み軽減法もあるので、ぜひ試してみてください。

自分でできる矯正治療の痛み対策

鎮痛薬の服用

どうしても矯正治療の痛みががまんできないという場合には、鎮痛薬を服用することもできます。歯医者さんで処方を受けることもできますし、市販の痛み止め薬を飲んで
もよいでしょう。ただし、こうした薬で炎症を抑えてしまうと、歯の移動を妨げるケースもあります。痛みのピーク時に1日1回程度服用することはかまいませんが、乱用は避けるようにしましょう。

食塩水で口をすすぐ

食塩水で口の中をすすぐという方法で、矯正の痛みを軽減できることがあります。食塩水の作用で口中の浸透圧が変化して、痛みが抑えられるのです。コップ一杯のぬるま湯や水に、スプーンひとさじ程度の食塩を溶かし込んで行います。

電動ブラシでの歯茎マッサージ

歯茎に適度な刺激を与えるマッサージで血行が促進され、矯正の痛みが軽くなるケースがあります。電動ブラシを歯茎付近を中心にやさしくあてることで、マッサージの効果が期待できます。

精神不安やストレスは十分なカウンセリングでケア

矯正治療に対する精神不安やストレスは、受けている治療について、よりよく知ることで回避することも可能です。そうした不安やストレスからくる痛みや違和感も、歯医者さんとしっかりコミュニケーションをとることで解消することができるのです。矯正治療を受ける前や治療中には、歯医者さんとしっかりとカウンセリングの時間をとって、治療に対する不信感や不安など、負の感情を払拭しておくように心がけましょう。

まとめ

歯に外部的な圧力をかけることで、歯と歯の周辺の骨を動かす矯正治療。本来あるべき位置に歯を移動させ、歯並びと噛み合わせを整える大切な治療です。しかし、歯の根元にある歯槽骨の炎症や、口中に傷がつくことによる炎症などから、大きな痛みが発生するケースもあります。こうした矯正治療の痛みをやわらげる装置や、自分でできる痛み軽減法もあるので、積極的に取り入れて、少しでも快適な矯正生活を送りましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

貴重なご意見をありがとうございます
矯正歯科まとめはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

矯正の痛みをやわらげる装置と自分でできる痛み対策3選
2019-01-16T14:07:10+00:00